ゼロトラストを実現するID管理導入の教科書

ID管理システム
30社
徹底調査!

ゼロトラストを前提とした情報セキュリティが求められる時代になってきており、ID管理システム・ツールは確実に増えています。このサイトではID管理システムの会社を30社分徹底調査し、おすすめの3選を紹介します。

 
THREE SELECTION

【ニーズ別】
ゼロトラスト対応の
ID管理システム3選

「ゼロトラスト」時代のID管理においては、IDが持つユーザー情報と権限を正しくコントロールし、かつユーザーに起こりえる人事イベントと正確に連動できることが重要です。このサイトでは、ゼロトラストに対応できるID管理システムを、企業のニーズ別に厳選して紹介しています。
※「ID管理」でGoogle検索上位30社を調査(2021年3月調査時点)。その中から、「IDの一元管理」「ID管理の効率化」「複数拠点のアクセス管理を一気通貫で強化」というニーズのいずれかに応えられる会社を、それぞれ1社ずつ紹介。

ID管理をより
効率化したい

Keyspider

keyspider
画像引用元:株式会社axio https://www.axio.co.jp/products/keyspider/
  • アカウント管理を自動化できる機能数が当サイト内において最も多いID管理システム※ ※2021年3月調査時点
  • DX推進・IT統制を迅速にしたい成長中の中堅企業におすすめ
IDを一元管理
できるようにしたい

Azure AD

Azure AD
画像引用元:マイクロソフト公式 https://azure.microsoft.com/ja-jp/services/active-directory/#overview
  • ガートナー社による評価でリーダーに選出されたID一元管理システム
  • とりあえずID管理を導入したい中小・ベンチャー企業におすすめ
ID・アクセス管理を
一気通貫で強化したい

Okta

Okta
画像引用元:Okta公式 https://www.okta.com/jp/
  • グローバルで14,000社以上の導入実績を持つID管理・統合認証サービス ※2022年1月調査時点
  • 複数拠点でアクセス管理を強化したい大手・グローバル企業におすすめ
SYSTEM INFO

Keyspider

ID管理をより効率化したい

keyspider
画像引用元:株式会社axio https://www.axio.co.jp/products/keyspider/

ゼロトラスト対応の日本組織向けクラウドID管理

Keyspiderは、企業内のシステム介在するユーザーID、パスワードや、組織、権限情報などを一元的に管理できる、ゼロトラストに対応したクラウドID管理サービス。日本特有の組織運用に適したルール設定が可能で、これまで運用でカバーされてきた部分をシステム化することで、効率的かつ正確なIDライフサイクル管理を実現します。
クラウドハイブリッド環境においても簡単にID連携可能です。

Recommended for

DX推進・IT統制を迅速にしたい成長中の中堅企業に

選定のポイント

Keyspiderは、これまで「運用でカバー」されてきた、日本組織特有の人事イベントに連動したIDライフサイクル管理をシステム化。コストと運用負荷を下げつつ、ゼロトラストに対応できるので、DX推進やIT統制を急務として取り組みたい、成長中の中堅企業におすすめです。

販売元であるアクシオは、2000年からオンプレミスの認証基盤構築で150社以上の実績を持つマルチベンダーであり、信頼性が高いパートナーであると言えます。

Features

Keyspiderの特徴

日本組織に求められる
IDライフサイクル管理を実現

Keyspiderでは、「ピラミッド型」「ジョブ・ローテーション」といった、日本特有の組織運用に適したルール設定が可能。具体的には「兼務対応」、「一定期間の権限引継ぎ」、「未来日の発令」といった、海外発のIdaaSでは対応できないような機能を持つ点が大きな特徴です。組織のIDライフサイクル管理において、これまで運用でカバーされてきた部分をシステム化することで、不正リスクを減らし、速やかで効率的なID管理を実現します。

クラウドハイブリッド環境でも
簡単にID連携できる

Keyspiderは、AzureAD、Office365、Google Workspaceなどクラウドサービスはもちろん、オンプレの社内システムとも簡単にID連携を実現。プライベートクラウド環境、社内環境、SaaSに業務システムが分散したクラウドハイブリッドな環境においても、統合的なID管理を実現します。また独自のRPA技術により、APIがないクラウドサービスや、勤怠管理、経費精算などスクラッチ開発されたシステムなどに対しても、自動的にデータ同期が可能です。

Keyspiderの費用・プラン

standardライセンス
100ユーザ 330円(税込)/月(1ユーザー)
1000ユーザ 220円(税込)/月(1ユーザー)
1,000ユーザ以上 個別見積もり
educationライセンス

公式HPよりお問い合わせください。

Azure AD

IDを⼀元管理できるようにしたい

Azure AD
画像引用元:マイクロソフト公式 https://azure.microsoft.com/ja-jp/services/active-directory/#overview

既存のMicrosoft製品との高い親和性

Azure Active Directoryは、今やほとんどのオフィスで導入されているM365やD365のライセンスと抱き合わせての利用が可能です。
他のMicrosoftライセンスと一元的に管理することができるので、システムを新規導入する際、ライセンス管理の煩雑さをかなり削減することが可能です。

Recommended for

成長の一歩目を踏み出す"これから"の企業に

選定のポイント

昨今の情勢、ここ数年のDX推進に伴いテレワークなどオフィス以外での働き方がもはやメインストリームとなってきています。
そのような動きに対して、まずは社員のIDの一元的な管理と安全なユーザー認証機能が必要な、
例えば「とりあえずID管理を導入したい」中小規模のスタートアップ、ベンチャー企業にAzure ADはおすすめです。

Features

Azure ADの特徴

クラウドサービスのアカウント管理

Azure ADは各種クラウドサービスのアカウント管理を可能にします。M365やD365といったMicrosoftが提供するサービスの管理はもちろん、
「Salesforce」や「Box」、「DocuSign」といった様々なアプリケーションと連携させることができます。
また、アクセス管理に伴い、ユーザー毎に利用できるアプリケーションを制限すること、アプリケーションに対してユーザーやアプリの割り当ても可能です。

独自システム構築不要で
高セキュリティー認証基盤を導入可能

Azure ADを利用したクラウドサービス認証では、通常のID・パスワード設定以外にも様々な方法、例えば、二段階認証なども可能です。
Azure ADは機械学習による検知機能によって、怪しいサインインを検出することができます。それによって多様化する不正アクセス攻撃を事前に補足することが可能です。
また、Windows 10では生体認証も利用できるので、認証情報の付加やAI機能の活用で、不正ログインを厳重に防ぐことができます。

Azure ADの費用・プラン

Azure Active Directory Free 無料
Office 365 無料
Premium P1 715円 ユーザー/月(税込)
Premium P2 1,078円 ユーザー/月(税込)

Okta

ID・アクセス管理を一気通貫で強化したい

Okta
画像引用元:Okta公式https://www.okta.com/jp/

言語、システムの壁を貫くアクセス管理

Okta Identity Cloudはクラウド、オンプレ問わず7,000以上※1のアプリケーションと連携、SSOの対応数も豊富です。
また、13言語 ※1 に対応しているので、多国籍企業でも統合的なデータ管理が可能です。 グローバルで14,000社以上 ※1 の導入実績を持ち、主要アナリスト企業の評価で4年連続IDaas分野の「リーダー」に選出されています。※2

※1 2022年1月調査時点
※2 2020年11月時点の情報
参照元:Okta公式HP(https://www.okta.com/jp/resources/access-management-leader-gartner-magic-quadrant/)
参照元:Gartner公式HP(https://www.gartner.co.jp/ja/promo/magic-quadrant-report2020-list)
Recommended for

グローバルなシナジーの最大公約数を更新したい企業に

選定のポイント

13言語に対応し、グローバルで14,000社以上※の導入実績を持つOkta Identity Cloud。
Oktaは多言語を含む複数拠点で、ID管理から、統合認証基盤などのアクセス管理の強化までをまとめて強化したい大手・グローバル企業の統合認証を支援します。

※2022年1月調査時点
Features

Oktaの特徴

全世界の多くの組織が
ID管理にOktaを活用

世界中で14,000社以上の導入実績を持つOktaは従業員規模が数万人規模の会社でも、また、13言語の多言語対応で国境をまたいで事業展開している会社でも導入されています。
7,000 を超えるクラウドやオンプレミスのシステムとあらかじめ統合されているので、多岐に渡る既存システムとの互換性に悩まされる大規模な会社へのソリューションに適しています。

※2022年1月現在
IT統制をまとめて強化

Okta Identity CloudはSSOはもちろん、基本的なIDライフサイクル管理から、ワンタイムパスワードや生体認証といった多要素認証(MFA)を行うことで、アクセス自体をしっかり管理することも可能
また、企業によってニーズが様々な認証情報、例えば「社員番号」や「企業コード」を新たな属性としてディレクトリを拡張し、追加することも可能です。

Oktaの費用・プラン

公式HPよりお問い合わせください。

CHECK

ゼロトラスト要件を満たすID管理のポイント

「ゼロトラスト」時代のID管理においては、IDが持つユーザー情報と権限を正しくコントロールし、かつユーザーに起こりえる人事イベントと正確に連動できることが重要です。

所属、時間や場所で
権限を限定

IDとパスワードさえ認証してしまえば、全てのデータにアクセス可能。
しかし、裏を返せば、IDとパスワードだけで簡単にセキュリティーを破れるということです。 大きな損害を被る前にパスワードだけの認証基盤ではなく、属人的情報で認証するID管理を始めましょう。

人事異動に合わせた
ID権限の変更

異動、昇格で役職上の権限は変わるのに、ID情報は人事発令日が過ぎても自動更新されない。
だから「運用でカバー」。マンパワーでの運用ではミスを防ぎきれません。

ID管理はインシデント防止と情シス担当者の負担軽減を一石二鳥で解決できます。IDライフサイクルと自動的に連携できるシステムを選びましょう。

アクセス不可を
即時に反映

今も昔も情報は会社の大事な資産です。
退職者のアカウントが退職日以降も依然として有効になってはいませんか。実際に情報が漏洩してしまい、重大な事件となってしまったケースもここ数年目立つようになってきました。
深刻な漏洩を未然に防ぐ手立てとして、悪質なアクセスを入り口で遮断するシステムを導入しましょう。

LIST

ID管理システム・IDaaSカタログ

ここでは、ゼロトラストに対応できるクラウド型ID管理システムを紹介します。

Azure Active Directory

Azure Active Directoryは、M365やD365のライセンスと抱き合わせての利用が可能。ライセンス管理の煩雑さを削減可能です。

Keyspider

Keyspiderは日本企業特有の人事制度に対応。未来日発令日や、部署兼務の適用も可能。日本企業のゼロトラスト対応に適しています。

Okta

13言語に対応し、(2022年1月現在)グローバルで14,000社以上の導入実績(2022年1月現在)を持つOkta Identity Cloud。IT統制をまとめて強化したい大手・グローバル企業の統合認証を支援します。

Digital Workforce

Digital Workforceで労務・セキュリティ管理も簡略化が可能。社内システム、クラウドの情報を集約・整理することで一目で分かる状態に。

Soliton ID Manager

Soliton ID Managerは、所属組織単位で個別に必要なアクセス権限を申請、承認に基づいて自動付与し、不要なアクセス権限を自動削除できます。

トラスト・ログイン

トラスト・ログインはスマートフォンへのプッシュ通知を認証に使うことができます。パスワードの入力を不要にするか、併用するかを選択できます。

もっと見る

CloudGate UNO

CloudGate UNOのMFA(多要素認証)は、所持情報と知識情報、あるいは所持情報と生体情報、で突破されにくい堅牢なセキュリティーを実現します。

ACTCenter IDM

ACTCenter IDMは管理画面だけで様々な管理対象サーバ・システムのID情報を一元管理し、ID作成、変更、削除を適宜実行可能です。

EntryMaster

EntryMasterはCSVのインポート、Active Directoryなどからユーザ情報の取り込みが可能です。そして多様な外部へのインターフェースを提供します。

SecureCube / Access Check

SecureCube / Access CheckはID管理、監査補助など特権ID管理に必要な様々な機能を持ち、強固な不正対策と監査業務の効率向上を同時に実現します。

Password Manager Pro

Password Manager Proのマネージエンジンには、特権ID管理に関する様々な必須機能が全て搭載されています。特権IDを適切に管理する基本機能が揃います。

1Password

1Password Business は、厳格な業界標準に準拠したデータの機密性、整合性、可用性を提供します。

LastPass

LastPassは多要素認証(MFA)によって、セキュリティーブリーチのリスクを減らす為、追加のセキュリティプロトコルを適用します。

OneLogin

OneLoginは複数のディレクトリからのユーザーを同期します。クラウドでもオンプレミスを問わず、様々なアプリにワンクリックアクセス可能です。

Oracle Identity Cloud Service

Oracle Identity Cloud ServiceはAPIファーストを念頭に置き、SAML2.0をはじめ、SCIM、OAuth2.0、OpenID Connectなど種々の業界標準に準拠しています。

SailPoint

SailPointはAIおよびMLテクノロジーを活用して、ユーザーのアカウント、権限、ポリシー、アクションの監査証跡を維持。コンプライアンス遵守に繋がります。

IIJ IDサービス

IIJ IDサービスは基本的にはSSOサービスの提供に限定。ニーズに応じて、IPアドレス制御、FIDO2認証、多要素認証などのセキュリティ機能も提供可能です。

Gluegent Gate

Gluegent Gateのアクセス制限は、認証要素(本人認証・端末認証など)を自由に組み合わせた多要素認証で、セキュリティーブリーチのリスクを低減します。

One Identity

One Identityによって、アクセスの管理、特権アカウントの管理とセキュリティ確保で避けては通れない複雑な手続きを排除し組織の効率向上に貢献します。

WorkSpaceOne

WorkSpaceOneのアクセス管理はアプリケーションのプロビジョニング、セルフサービスカタログ、MFA、SSOといった機能を提供可能です。

Extic

ExticはSAML2.0に対応したSaaSに対するSSOにより、MFAが可能なので、アクセスするサービスによって認証強度をコントロールすることが出来ます。

AccessMatrix USO

AccessMatrix USOは、ID情報の一元的管理とログイン時の利便性向上を実現。システム管理者によるメンテナンス作業軽減、各種システム毎のアクセス管理の一元化が可能。

D-PLAMS

D-PLAMSの連携インタフェースは、連携インタフェースの変更・調整可能な柔軟さが特徴。源泉データを変更せず、連携データのみを加工することも可能です。

ROBOT ID

ROBOT IDはSSOでのログインをサポートします。認証情報の変更、社員の入退社による認証情報の増減など、ことあるごとに情シス担当の手を煩わせていた作業にも簡単に対応可能です。

アカンサス

アカンサスでは各部門に対して、Web上でのIDの棚卸確認が可能です。業務システム上に、退職後も存在する幽霊IDを一覧で可視化することができます。

特権アクセスゲート

特権アクセスゲートは申請・承認制によるアクセス許可、作業内容の記録、情報持出しの制御等の機能により、特権アクセスのセキュリティーを堅牢化できます。

iDoperation

iDoperationが、IDの管理台帳となり、簡単に情報を集積可能です。特権IDの貸出と返却に関する申請・承認状況を適切に管理することが可能です。

SeciossLink

SeciossLinkは証明書発行機関と連携可能。発行依頼から取得まで自動化できます。発行された証明書はユーザ自身がポータル画面からダウンロード可能です。

ID Federation

ID Federationは強化コンシューマー向けWebサービス、アプリケーションやAPIのアクセスセキュリティ強化生体認証など多要素認証によるセキュリティ強化が可能です。

ESS AdminONE

ESSAdminONEインターフェースはRESTAPIに基づいており、パブリックアクセスも可能であるため、データを外部システムおよびRPAにリンクさせて、システム運用における自動化・効率化に貢献します。

LDAP Manager

LDAP Managerは独自開発の社内システムなどから直接実行できるAPIを標準提供。また、管理者向け機能としてWebブラウザ経由でユーザー情報を登録・更新・削除できます。

OmniPass SSO

OmniPass SSOは(日本語、英語、中国語、韓国語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、ロシア語、スペイン語、ポルトガル語、トルコ語、デンマーク語)の多言語対応が可能です。

LOCKED

LOCKEDの利用状況を可視化することによって、業務の実態を深く分析。特殊な条件、例えば幽霊IDでログインしているユーザーを容易に見つけることができます。

WebSAM SECUREMASTER

WebSAM SECUREMASTERはディレクトリから、ID管理、アクセス管理、シングルサインオン(SSO)まで、統合認証基盤構築に必要な製品のラインナップが揃っています。

メタップスクラウド

メタップスクラウドによって、SaaSのコスト、アカウント数、利用頻度などを可視化可能。コスト削減や従業員の利用状況の調査に利用できます。

SafeNet Trusted Access Premium

SafeNet Trusted Access Premiumによって、パスワード管理の負担を減らし、外部のクラウドサービスとの連携をスムーズに行い、細かなアクセス制御も可能になります。

HENNGE One

HENNGE Oneによって、外部のクラウドサービスとスムーズに連携し、シングルサインオンやセキュアアクセスが可能になります。メールセキュリティにも幅広く対応しています。

AccessMatrix UCM

多種多様なシステムの特権IDのパスワードを一元的に保護・管理して、セキュリティと利便性の向上を図れるソリューションです。エージェントレス製品のため短期間で納品できます。

IBM Security Verify SaaS

IBM Security Verify SaaSはゼロトラスト戦略向けのソリューション。従業員と消費者のIDとアクセス管理を一元化し、サイバー攻撃のリスクを低減します。

PassLogic

PassLogicは、充実したセキュリティ機能で社員のID不正利用が起こるのを防げるサービスです。管理機能が充実していて、導入済みの他社サービスと連携させて使うこともできます。

OpenStandia KAID

OpenStandia KAIDは、利用者のIDを適切に管理できるだけではなく、認証・認可に関する機能も充実しているサービスです。十分なセキュリティを確保しつつ適切な人に必要な権限を与えることが可能です。

ゼロトラスト・セキュリティ対策

ゼロトラスト・セキュリティ対策は、セキュリティ対策やID管理をお客様のニーズに合わせて提供。管理の煩雑さを省き、社外からのアクセスにも常に同じセキュリティ対策が施せます。

IDaaSソリューション

IDaaSソリューションは、株式会社JSOLが提供している、複数サービスの認証管理が行えるサービスです。管理者・利用者が抱えるID管理の問題や情報漏洩リスク・内部統制強化によるコンプライアンスなどへの対策が主な特徴です。

COMPANY

COMPANYは、入社から退社まで網羅した総合人事システムです。運用後の追加費用は掛かりません。定額内で業務の効率化を図れるのがCOMPANYの強みです。

Evidian Identity Governance&Administration

Evidian Identity Governance&Administrationは、ユーザー毎に付与された権限に応じて、使用可能なツールが自動設定されるため、新入社員や部署移動があってもスムーズに業務に取り組めます。

jugaa

JugaaはIDやパスワード管理が可能なシステムです。セキュリティをしっかりと管理しながらも、パスワードの自動入力が可能で同サイト・複数のアカウントへのログインもワンクリックで可能です。

roboform

Roboformはパスワード管理や共有を簡単に行うためのシステムです。個人向けとビジネス向けのシステムが用意されており、無料のものもあります。セキュリティにも力を入れており、パスワードをしっかり守りながら保管してくれます。

ADManager Plus

ADManager Plusは、WebベースのGUIによってActive Directoryのユーザーやコンピューター、ファイルサーバーなどを管理しながら自動化・ワークフローなどが行えるActive Directoryの運用管理ソフトです。評価版や無料版もあり、まずは試してから導入が検討できます。

ADMS

ADMSはID統合管理ソフトウェアとして、Active Directory、グループウェア、メールサーバーといった複数システムのアカウント管理を容易に行うことができます。自治体や教育機関、企業での導入も多く、さまざまな場面で活用しやすいソフトウェアです。カスタマイズ対応も行っているため、より使いやすいソフトウェアが導入できます。

Unicorn ID Manager

Unicorn ID Managerはオープンソース型の統合ID管理システムです。ユーザーと管理者双方によるスムーズな操作性で管理の不徹底を防ぐことができます。

CA Privileged Identity Manager

CA Privileged Identity Managerは企業の内部セキュリティを強化するID・アクセス管理ソリューションです。独自の「4A」システムで不正アクセスを予防します。

ABOUT ID MANAGEMENT

ID管理とは?おさえておきたいポイント

このページではゼロトラスト・セキュリティを背景にしたID管理の重要性、利便性、そして役割、目的を詳しく解説。
その上で、クラウドベースでID管理システムの選定ポイントを、「中小企業」「中堅企業」「大企業・グローバル企業」のニーズ別に解説、ダイジェストで紹介しています。

ID管理の役割と目的とは

ID管理の役割と目的とは

ID管理の重要性を改めてお伝えした上で、利便性の向上、コスト削減、不正リスク防止の3つの観点からID管理の役割、そしてその目的を解説しています。
不正なセキュリティーブリーチの手段は年々多様化しています。会社の大切な資産である情報を守るためにID管理はとても重要です。

ゼロトラストとID管理

ゼロトラストとID管理

ゼロトラスト・セキュリティを背景に、ID管理のあるべき姿をお伝えします。テレワークの増加やDX推進などに伴い、もはやスタンダードとなったゼロトラストという考え方。
ゼロトラスト要件を満たすID管理とは。どのようなID管理を選べば今後の時勢に対応していけるのか。詳しく解説しています。

ID管理運用の注意点

ID管理運用の注意点

IDライフサイクルに沿ったID管理の必要性を論じます。そもそも「IDライフサイクル管理」とはという所から、ID管理で解決できる諸問題について。
例えば閲覧権限の限定、人事異動が自動的な反映、不正アクセスの制限。そういった問題をID管理がいかにして解決するのか詳しく解説します。

ID管理システムとIDaaSとの違い

ID管理システムとIDaaSとの違い

一部では近藤されて使われることのあるID管理システムとIDaaS。ID管理システム(認可)とIdaas(認証)の違い詳しく解説し、ID管理システムの重要性をお伝えします。
IDaaSだけでは、「ゼロトラスト」は実現できない?やIDaaSそのものにも「ID管理」が必要?という今更聞けない疑問も丁寧に解説しています。

ID管理システムの選定ポイント

ID管理システムの選定ポイント

ID管理システムの選定ポイントを、「中小企業」「中堅企業」「大企業・グローバル企業」のニーズ別に解説します。

とりあえずID管理を導入したいだけでIDを一元管理できればいい中小、スタートアップ企業が、多言語対応やDX推進、働き方の多様化など大企業のニーズに合わせて作られたID管理システムを導入してしまう。
そんなミスマッチをどのように避けるのか。詳しく解説しています。

クラウドサービスのメリット

クラウドサービスのメリット

管理者視点、情シス部門視点から見た時のクラウドベースでID管理を行うメリットを開発、導入ハードル、納期、拡張性、利便性といった視点から解説します。
また、当サイトで紹介しているID管理システムから、クラウド型システムをダイジェストで紹介します。

COLUMN

ID・アクセス管理 推進コラム

このページではID・アクセス管理について、様々なトピックを扱います。
DX推進を行う企業におけるセキュリティ課題と対策を解説した上で、そのファースト・ステップとして、ID管理システムの導入がなぜおすすめなのか説明します。
そして、ID管理システムでログ管理することのメリット、ADによるID管理の問題点、特権ID管理についても解説します。

DXにおけるセキュリティ課題とは

DX推進を行う企業における、セキュリティ課題と対策を解説します。ファースト・ステップとして、ID管理システムの導入が特におすすめです。

テレワークにおけるログ管理導入ガイド

テレワークのセキュリティリスクを減らし、パフォーマンスをあげるためにログ管理の必要性があることを詳しく解説します。

AD (Active Directory)によるID管理の問題点

マイクロソフトが提供し、幅広く採用されているADによるID管理の問題点を解説し、有効な選択肢としてクラウド型ID管理サービスをおすすめします。

特権ID管理における監査対応について

監査対策に押さえておきたい特権ID管理について、そもそもの特権ID管理の課題とは何なのか、から順を追って解説します。

パスワード管理ポリシー設定のポイント

セキュリティ対策としてパスワード管理ポリシーを解説。また、そもそもIDライフサイクルに沿った管理ができる状態にあることが重要です。

GLOSSARY
おさえておきたいID管理の用語解説

ID管理の用語について解説します。SAMLとIDaasの厳密な違いなど、分かりそうで分からない、なんとなくでやり過ごしがちな用語について詳しく解説しています。

SPECIAL CONTENTS
ゼロトラスト時代のアクセスコントロールシステムとは

時代のスタンダードに対する具体的な回答

「ゼロトラスト対応のアクセスコントロールが必要」とは言うものの、現実には既存のオンプレの社内システムなどの導入障壁が多数存在します。では、ゼロトラスト・アーキテクチャ完成に向けた「最初のステップ」としてふさわしいIAM基盤とは?

中小企業から大企業まで、ゼロトラストへの対応に向けた統合認証基盤の導入、構築、運用、およびコンサルティングサービスで豊富な実績を持つマルチベンダーに伺いました。